Top 自分でできる肩こりマッサージ > 首のマッサージ|胸鎖乳突筋

首のマッサージ|胸鎖乳突筋

肩こりのマッサージとして、首のマッサージは欠かせません。首は肩の筋肉が始まるものが多く、肩こりへの影響が大きいのです。ここでは、自分でできる首のマッサージについて見ていきます。


肩凝りに直接関係のある筋肉は、後ろ側の筋肉です。肩甲挙筋や僧帽筋といった筋肉が肩こり筋として知られています。どちらの筋肉も、首の骨から肩甲骨まで言っている筋肉です。
この後ろ側の筋肉ももちろん肩こりには関係あるのですが、首の前側の筋肉の影響が大きいことはあまり知られていません。

首の前の筋肉を触ってみてください。人によっては石のように硬くなっている方もいると思います。
ここは、胸鎖乳突筋や斜角筋といった筋肉があって、これらの緊張が強くなると首の骨が直立に近くなり、肩こりや頭痛、吐き気など、さまざまな症状が出るようになってしまいます。

ひどい肩こりの方は、この前側の筋肉が特に硬くなっていることが多いので、日頃からゆるめるようにこころがけましょう。


では、首の胸鎖乳突筋のマッサージ法です。

首の前側で耳の後ろの出っ張った骨から鎖骨に伸びている胸鎖乳突筋という筋肉をゆるめます。

@胸鎖乳突筋をゆるめる
ほんの少し顔を右に向けながら、首を若干に左前方に傾けます。(本当にちょっとです)
→左側の前側に筋肉がゆるみます。

A胸鎖乳突筋をつまむ
左手の人差し指を軽く曲げ、親指と人差し指で胸鎖乳突筋をつまみます。
このときの注意は皮膚が痛くないよう、表面ではなく筋肉をしっかりつかんでください。
といっても、軽くつかんでくださいね。

B胸鎖乳突筋をゆるめる
そして、左前方に軽くひっぱります。←あくまで軽くです。
このときも、皮膚が痛くないよう筋肉を引っ張るようにしてください。
ゆっくりやっていると筋肉がゆるんで楽になってきます。

C反対側をゆるめる


異常が胸鎖乳突筋の自分でできるマッサージです。

首のマッサージは強くやってはいけません。
後から余計につらくなることがありますから、注意してやってくださいね。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。