Top 肩こり解消ストレッチ > 肩こり解消ストレッチ「首をのばす」

肩こり解消ストレッチ「首をのばす」

肩こりを解消するには首から肩にかけての首の筋肉をストレッチすることが効果的です。ただ、首は非常にデリケートなところなのでストレッチをするにも注意をしながら行わなければ危険です。ここでは首の筋肉のストレッチについて見ていきます。


肩こりといっても肩の筋肉だけでなく、首や肩甲骨周り、背中の筋肉などの状態から影響を受けます。
首のストレッチを見ていきますが、首はに嘔吐中枢や呼吸中枢、摂食中枢といった非常に重要な中枢があるので、ゆっくりじんわりとしたストレッチを心がけてください。
くれぐれも時間がないからといって、グイッと急いでやらないようにしてくださいね。
また、痛いところがあったら、そこは必ず痛くないところまでしか伸ばさないでください。

しばらく伸ばしていると可動範囲が広がるので、また痛くない範囲だけ少し伸ばしてください。ただこのときも、やり過ぎないように、ふわっとゆるむ感じがしたら終わってください。
もっと伸ばそうと伸ばし過ぎてしまうと、首を壊してしまう原因になるので注意してくださいね。
あくまで自然に伸びるところまでです。

●首を倒す
まず、首を四方八方に倒していきます。左右、前後、左右の斜め前と後ろ、ゆっくりと倒してください。
このときに首の筋肉の力を使って倒さないように気を付けてください。
要領としては、頭を倒して、頭の重みで倒した反対側の筋肉が伸びるのを感じましょう。ゆっくりじんわり伸ばして、伸びてくるのを感じたら反対側に移ってください。

●首を回す
首をゆっくりまわしてください。これも倒すとき同様、頭の重みを利用して伸ばすようにしてください。頭を倒すのと同時に体も少し倒しながらやるのがコツです。
首を回すときに痛いところがあったら、そこは避けて、痛くない範囲でまわしてください。痛いところだけ倒す度合いを弱める感じです。


首の緊張は人それぞれですが、現代のストレスの多い環境、またPC作業をすることが多い環境にある方が多いので、首の前の筋肉、胸鎖乳突筋や斜角筋などといった、前頚筋と呼ばれる筋肉が緊張しがちです。
ですので、首を斜め後ろに倒すことで、そこの筋肉をストレッチさせ、首の前面の緊張をほぐします。

肩こりは首の筋肉の影響も強く受けますので、人によってはこれだけでかなり楽になりますよ。
是非やってみてくださいね。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。