Top 肩こり解消ストレッチ > 肩こり解消ストレッチ「腋窩を伸ばす」

肩こり解消ストレッチ「腋窩を伸ばす」

肩こりのストレッチで腋窩を伸ばすことはとても重要です。腋窩とはわきの下のことです。
ここのストレッチは肩の緊張を間接的に和らげ、肩の重さが解消します。
腋窩のストレッチは肩こりに非常に効果があり、肩の筋肉とは逆の働きをしている拮抗筋です。凝っている肩の筋肉と反対側の筋肉を伸ばすことで間接的に肩の筋肉もゆるんできます。

わきの下を伸ばすと肩甲骨の前側の前鋸筋や肩甲下筋、腕の後ろの上腕三頭筋などが伸ばされます。これらの筋肉は肩甲骨を前側にもって行ったり、腕を後ろにやる時に使われます。


では、腋窩の解消肩こりストレッチです。

@片手を首の後ろにもっていきます。
A反対の手を背中から逆に回します。
B背中で左右の手を組みます。(両手を上と下から後ろに回してで手を結ぶ状態ですね。)
C下から回したAの手を支点にして、上から回した@の腕の裏側が伸びる感じを感じます。
D上から回した@の手を頭の横から離すように徐々に角度を変えていきます。(伸びるところが変化します。)
E@〜Dを手を入れ替えてやります。

以上です。どうですか?結構効くでしょう!
でも、手が届かないという人もいると思いますので、体が硬い人の方法を書いていきます。


体が硬い人の方法(手が届く人でも合わせてやるとなおいいです)

@片手を頭の後ろにもっていきます。(前腕の手のひら側が後頭部に当たるように)
A反対の手で@の手の甲を持ちます。
B軽く体を反りながら、Aの手で@の手を軽く引きます。(多少頭で@の腕を押す感じで、@の手の方に顔が向くように体が少し回転します。)
C反対側をやります。

このときのコツは、倒す体の角度を変えて伸びる筋肉の場所を調節することです。やりすぎは肩の関節を痛めますので、注意してやってくださいね。


うまくできましたか?
文章で伝えるのって難しいですね。なるべくわかりやすく書いてるつもりですが・・・^^;
肩こり解消には、この腋窩を伸ばすことが重要なカギになりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。