Top 肩こり解消グッズ > 肩こり解消に枕の特徴と調節

肩こり解消に枕の特徴と調節

肩こり解消に枕の影響は大きいです。枕が合わないと肩や首の緊張が取れないで一晩を過ごすことにもなります。このページではそれぞれの枕の特徴と注意点を書いていきますね。


いくつかの枕の特徴を書いておきますので参考にしてくださいね。

●低反発の枕
低反発の枕は、最近非常に勧める人が増えています。でも、実際にはどうでしょう。
この枕は首や頭を圧迫することなくしっかりとホールドしてくれます。ただ、頭頂部(頭の上の方)が沈んでいきますので、首の角度によっては寝苦しく感じる人もいます。このような場合は低反発の枕の下に座布団やタオルをひいて高さを調節するといいですよ。

この枕は頭をしっかりホールドする分、通気性が悪くなりますので注意が必要です。首が凝っている方はのぼせやすい状態の人が多いので、そういう人にとっては合わないかもしれないので注意してください。

●磁気入りの枕
磁気は人によって効き方がかなり違います。人はそれぞれ地場があり、もし自分に合っているものであればかなり効果を期待できます。しかし、もし自分に合っていないものだと具合の悪くなることさえあります。ただ、こればかりは使ってみなければわかりません。
少し使ってみて、調子が悪ければ効果が出るまで待とうなんて思わず、すぐに使用をやめましょう。

●羽毛、羊毛の枕
羽毛や羊毛の枕を使っている方は多いようですね。ふわふわして気持ちいいですもんね。
でも首の悪い方にはこのふわふわが良くない場合もあります。このふわふわが首の不安定さを作って緊張が取れないということもあります。
この枕を使って首の力が完全に抜けるようであればいいのですが、どこか力が抜けないのであれば違う枕を探す方がいいと思います。

●パイプ、蕎麦ガラの枕
パイプや蕎麦ガラの枕は、通気性が良く、健康に良いとされる頭寒足熱には一番適しています。
ただ、中身がパンパンに入ったものが多く、首の状態によっては高すぎることもありますので注意が必要です。この場合は少し中身を抜いて高さを調節するとよいでしょう。ただ、中身を抜き過ぎると形が崩れすぎるので適度に抜きましょうね。


どうですか、枕の特徴をみて選んでいましたか?他にも色々あるかもしれませんが、主なものはこのくらいでしょうか。
枕を選ぶコツは、寝た時に首や肩の緊張が抜けるかどうかということです。その日によって多少首や肩の凝り方などの状態が違いますので、多少の調節ができる枕がお勧めです。
調節できない枕の場合は、補助的にタオルなどで調節するといいでしょう。枕を上手に使って肩こり解消の一つのグッズとして利用してくださいね。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。