Top 肩こりの原因 > 肩こりの身体的な原因、姿勢

肩こりの身体的な原因、姿勢

肩こりの原因として、身体的なことがあります。この身体的な原因は遺伝的な体型を除いておもに日常の生活習慣により起こります。これは普段の姿勢や作業、運動不足など、体の使い方により起こってきます。
基本的には、同一姿勢、体の偏った使い方、そして体を動かすことが少ないということで、体に歪み、コリができて肩や首に負担のかかる体になってしまうことで肩こりが起こります。
具体的にどんなことが体の歪みやコリができてしまうのか見ていきたいと思います。

ここでは姿勢について見ていきます。

●背中を丸める
肩こりの人に多い姿勢は、背中の丸めて顎が前に出たような姿勢です。いわゆる猿型姿勢と呼ばれることがあり、るでサルが座っている時のような姿勢を言います。この肩凝りに人はこの姿勢を取ることが多く、肩や首に大きな負担を与えてしま牛せいなのです。しかもこの姿勢をとっていると、体の歪みやコリを作りやすいというだけでなく、首の上の方への負担も増えてきますので、のぼせやすく頭痛や気分が悪くなることも多くなってしまいます。

●足を組む、横座り
足を組んだり横座りをすると、体が傾いてしまいます。骨盤から横方向への歪みが発生しやすく、その影響が肩や首にまで及びます。この姿勢は腰痛が起きやすく、また内臓の働きも悪くなりやすいので、消化不良や下痢、便秘、疲れやすいなど様々な症状が出やすくなります。

●腕枕、頬杖をつく
寝っ転がったまま腕枕でテレビを見たり、机に頬杖をついて常に首に負担のかかる姿勢をとる癖のある方には首の歪みができやすく、左または右の首の上の方にボコンとした痛い部分ができたり首が曲がることで、首がつらくなりやすくなります。

同じ姿勢を続けていると同じ筋肉の緊張状態が続くことで、特定の筋肉にコリが生じたり、血液の循環が悪くなるために肩こりが起こります。また、同じ姿勢によるからだの歪みにより、触った感じのコリがあまりなくても自覚症状はつらい肩こりが出ることもあります。
肩や首に負担のかからない姿勢に気をつけ、同一姿勢を長時間続けないことが大切です。肩こりの原因として、身体的なことがあります。この身体的な原因は遺伝的な体型を除いておもに日常の生活習慣により起こります。これは普段の姿勢や作業、運動不足など、体の使い方により起こってきます。
基本的には、同一姿勢、体の偏った使い方、そして体を動かすことが少ないということで、体に歪み、コリができて肩や首に負担のかかる体になってしまうことで肩こりが起こります。
具体的にどんなことが体の歪みやコリができてしまうのか見ていきたいと思います。

ここでは姿勢について見ていきます。

●背中を丸める
肩こりの人に多い姿勢は、背中の丸めて顎が前に出たような姿勢です。いわゆる猿型姿勢と呼ばれることがあり、るでサルが座っている時のような姿勢を言います。この肩凝りに人はこの姿勢を取ることが多く、肩や首に大きな負担を与えてしま牛せいなのです。しかもこの姿勢をとっていると、体の歪みやコリを作りやすいというだけでなく、首の上の方への負担も増えてきますので、のぼせやすく頭痛や気分が悪くなることも多くなってしまいます。

●足を組む、横座り
足を組んだり横座りをすると、体が傾いてしまいます。骨盤から横方向への歪みが発生しやすく、その影響が肩や首にまで及びます。この姿勢は腰痛が起きやすく、また内臓の働きも悪くなりやすいので、消化不良や下痢、便秘、疲れやすいなど様々な症状が出やすくなります。

●腕枕、頬杖をつく
寝っ転がったまま腕枕でテレビを見たり、机に頬杖をついて常に首に負担のかかる姿勢をとる癖のある方には首の歪みができやすく、左または右の首の上の方にボコンとした痛い部分ができたり首が曲がることで、首がつらくなりやすくなります。

同じ姿勢を続けていると同じ筋肉の緊張状態が続くことで、特定の筋肉にコリが生じたり、血液の循環が悪くなるために肩こりが起こります。また、同じ姿勢によるからだの歪みにより、触った感じのコリがあまりなくても自覚症状はつらい肩こりが出ることもあります。
肩や首に負担のかからない姿勢に気をつけ、同一姿勢を長時間続けないことが大切です。肩こりの原因として、身体的なことがあります。この身体的な原因は遺伝的な体型を除いておもに日常の生活習慣により起こります。これは普段の姿勢や作業、運動不足など、体の使い方により起こってきます。
基本的には、同一姿勢、体の偏った使い方、そして体を動かすことが少ないということで、体に歪み、コリができて肩や首に負担のかかる体になってしまうことで肩こりが起こります。
具体的にどんなことが体の歪みやコリができてしまうのか見ていきたいと思います。

ここでは姿勢について見ていきます。

●背中を丸める
肩こりの人に多い姿勢は、背中の丸めて顎が前に出たような姿勢です。いわゆる猿型姿勢と呼ばれることがあり、るでサルが座っている時のような姿勢を言います。この肩凝りに人はこの姿勢を取ることが多く、肩や首に大きな負担を与えてしま牛せいなのです。しかもこの姿勢をとっていると、体の歪みやコリを作りやすいというだけでなく、首の上の方への負担も増えてきますので、のぼせやすく頭痛や気分が悪くなることも多くなってしまいます。

●足を組む、横座り
足を組んだり横座りをすると、体が傾いてしまいます。骨盤から横方向への歪みが発生しやすく、その影響が肩や首にまで及びます。この姿勢は腰痛が起きやすく、また内臓の働きも悪くなりやすいので、消化不良や下痢、便秘、疲れやすいなど様々な症状が出やすくなります。

●腕枕、頬杖をつく
寝っ転がったまま腕枕でテレビを見たり、机に頬杖をついて常に首に負担のかかる姿勢をとる癖のある方には首の歪みができやすく、左または右の首の上の方にボコンとした痛い部分ができたり首が曲がることで、首がつらくなりやすくなります。

同じ姿勢を続けていると同じ筋肉の緊張状態が続くことで、特定の筋肉にコリが生じたり、血液の循環が悪くなるために肩こりが起こります。また、同じ姿勢によるからだの歪みにより、触った感じのコリがあまりなくても自覚症状はつらい肩こりが出ることもあります。
肩や首に負担のかからない姿勢に気をつけ、同一姿勢を長時間続けないことが大切です。肩こりの原因として、身体的なことがあります。この身体的な原因は遺伝的な体型を除いておもに日常の生活習慣により起こります。これは普段の姿勢や作業、運動不足など、体の使い方により起こってきます。
基本的には、同一姿勢、体の偏った使い方、そして体を動かすことが少ないということで、体に歪み、コリができて肩や首に負担のかかる体になってしまうことで肩こりが起こります。
具体的にどんなことが体の歪みやコリができてしまうのか見ていきたいと思います。

ここでは姿勢について見ていきます。

●背中を丸める
肩こりの人に多い姿勢は、背中の丸めて顎が前に出たような姿勢です。いわゆる猿型姿勢と呼ばれることがあり、るでサルが座っている時のような姿勢を言います。この肩凝りに人はこの姿勢を取ることが多く、肩や首に大きな負担を与えてしま牛せいなのです。しかもこの姿勢をとっていると、体の歪みやコリを作りやすいというだけでなく、首の上の方への負担も増えてきますので、のぼせやすく頭痛や気分が悪くなることも多くなってしまいます。

●足を組む、横座り
足を組んだり横座りをすると、体が傾いてしまいます。骨盤から横方向への歪みが発生しやすく、その影響が肩や首にまで及びます。この姿勢は腰痛が起きやすく、また内臓の働きも悪くなりやすいので、消化不良や下痢、便秘、疲れやすいなど様々な症状が出やすくなります。

●腕枕、頬杖をつく
寝っ転がったまま腕枕でテレビを見たり、机に頬杖をついて常に首に負担のかかる姿勢をとる癖のある方には首の歪みができやすく、左または右の首の上の方にボコンとした痛い部分ができたり首が曲がることで、首がつらくなりやすくなります。

同じ姿勢を続けていると同じ筋肉の緊張状態が続くことで、特定の筋肉にコリが生じたり、血液の循環が悪くなるために肩こりが起こります。また、同じ姿勢によるからだの歪みにより、触った感じのコリがあまりなくても自覚症状はつらい肩こりが出ることもあります。
肩や首に負担のかからない姿勢に気をつけ、同一姿勢を長時間続けないことが大切です。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。