Top 肩こり解消のツボ > 肩こりのツボ(肩井)

肩こりのツボ(肩井)

肩こりの代表的なツボとして、肩井(けんせい)があります。
肩井は、肩の一番凝るところ、人によってグリグリっとしているところがあるかもしれませんね。

具体的に言うと、首の後ろの根元(骨が出ているところ)と肩峰(けんぽう=肩先の骨の先端)を結んだ線の中間点になります。
ちょっとわかりにくいですよね。
肩が凝って、自分で手を肩をあてた時、手が行くところです。って、これもよくわからんですね。^^;

肩甲骨の内側の角の少し上です。
コリがあって、押すと気持ちよく、ズ〜ンと響くところです。

お〜!すでに気持ちいいです。^^


ここに限ったとこではありませんが、こういうコリの部分を押す時はあまりゴリゴリやらない方が良いです。
気持ちいいからと、強くゴリゴリやっていると、後で痛くなってしまったり、慢性化している人の場合には、より強く揉まないと効かないなんてことにもなってしまいます。
一時的には、良いかもしれませんが長い目で見ると決していいことはありません。

これは、押した部分に炎症がおき、繰り返すことで体を守ろうという作用が働き、より強い刺激に耐えられるようになってくるのです。^^;
ありがたいやら、ありがたくないやら、ですよね。

本来は体を守る作用なんですが、それが凝りをひどくしてしまいますからね。
やり過ぎは禁物です。


あくまでも、ズ〜ンと響く程度にしてくださいね。
また、ツボ押しではありませんが、ツボに押さえたまま肩甲骨を動かすよう肩を回すと弛みやすいですよ。^^

ま、ここは、肩こりがある人のほとんどがつらいところですから、見つけるのは簡単です。
あまり強く押さず、ジワ〜っと弛んでくる感じを楽しむくらいにしてくださいね。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。