Top 肩こり解消法!へようこそ > 肩こり解消ストレッチ「胸筋をのばす」

肩こり解消ストレッチ「胸筋をのばす」

肩こり解消のストレッチで忘れがちなのが胸筋です。
しかも、胸筋は肩を前に出すような働きをする筋肉です。
日本人特有の方が前に入った肩こり体型の原因にもなる筋肉です。
ここでは、胸筋のストレッチを紹介します。


胸筋には主に大胸筋と小胸筋があります。
他にも鎖骨下筋、前鋸筋、及び数種の肋間筋があります。

ここでは、胸筋の中でも一番大きく力がある大胸筋のストレッチについて見ていきます。

大胸筋は、腕を前に動かす働きがあります。
腕を使うことの多い作業の方は、この筋肉が驚くほど緊張していてコブのようになっている方さえいます。
ここの緊張が取れないと肩が前に入ってしまい、肩こりの起こりやすい体になってしまいます。


では、ストレッチ法です。

(右胸筋の場合)
@壁を右横にして立つ
壁を右にして90°の角度で立ちます。
A壁側の足を一歩、後ろに下げる
正面を向いたままで、左足が前、右足が後ろですね。
B右手を上に挙げて右の壁につける
最初は真上でOKです。手のひらだけが壁についた状態です。
C壁に体を寄せる
上体及び顔を正面につけたまま、壁に寄りかかるように体重をかけていきます。
脇が伸びるような感じであればOKです。
あくまで壁についているところは手のひらだけです。
D徐々に角度を変えていく
ジワ〜と伸ばしたら角度を変えます。少し手を後ろにやってください。
(30°位づつでOKです)←アバウトでいいです。^^;
E反対側も同様に行う

<注意点>
顔は常に正面を向いて行ってください。
胸筋から首の前面が伸びている感覚があれば正解です。
くれぐれも無理をしないように、気をつけてやってくださいね。

どうですか?
意外とキツイでしょ!^^

もし、きつすぎる場合は少し壁から離れて、体重のかけ方を少なくしてくださいね。
やり過ぎると翌日痛くなりますから、あくまでも「イタギモ」を通り越さないように気を付けてください。

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。