Top 肩こりの原因 > 肩甲骨の動きとチェック法

肩甲骨の動きとチェック法

肩こりの原因として色々なものがありますが、肩甲骨の動きというものが、直接的に肩こりとかかわってきます。

肩の周りのほとんどの筋肉が肩甲骨に付いています。
そして、肩こりの症状を出すといわれている筋肉のほとんどが、肩甲骨に関係しています。

つまり、肩こりを起こしている筋肉が肩甲骨についているということですから、その肩の筋肉にコリがあれば、必然的に肩甲骨の動きが悪くなるということです。
逆から見ると、肩甲骨の動きが悪くなってくると肩コリを起こしやすくなるということにもなりますね。


ただ、厄介なことにこの肩甲骨の動きというものは、なかなか自分では自覚できないものです。
肩甲骨の動きが肩こりにとって大切なものだと分かっていても、自分で自覚できないのでは動きを改善しようとしても、動きが良くなっているのかわからないですよね。
そもそも動きが悪いのかどうかさえ分からないものです。


というわけで、ここでは簡単に肩甲骨の動きのチェックする方法を紹介しましょう。

<チェック法1>

@椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばす
A手の指を、お腹の前で軽く組む
B肩甲骨同士をくっつけるように、ゆっくり動かす
C肩甲骨をゆっくり戻す

<チェック法2>

@椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばす
A手をももの上にのせる
B肩甲骨と上にゆっくり挙げる
C肩甲骨をゆっくり戻す

※注意点
・動かす時はゆっくりと動かし肩甲骨の動きを感じてください。
 肩甲骨がスムーズに動いているか、左右の動きの違いはないか、左右の動くスピードは同じか、など。
・肩甲骨を動かす時は顔を正面に向け、下を向いたり、顎が出たりしないようにしてください。
・肩甲骨のみを動かすように心掛けてください。
・肩甲骨を上に挙げた時は、肩が前に入りやすいので、まっすぐ上に挙げるように気を付けてください。


このチェック法だけでも、少し肩が温かくなり、楽になっていませんか?
それだけ肩甲骨の動きが、肩コリと関係しているということです。

肩甲骨の動きが良くなれば、肩こりの症状はかなり解消されます。
このチェック法は、チェックだけでなく簡単にできる肩甲骨を動かす方法にもなりますから、ぜひ仕事の合間や勉強中にもやってくださいね。

きっと、仕事や勉強の効率も上がると思いますよ。^^

 
Copyright (C) 2008 肩こり解消法!〜自分でできる肩コリを解消する体操とツボ〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。